So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)

 社民党の第12回定期党大会は24日、重野幹事長の続投などの役員人事と、夏の参院選で6議席以上の獲得を目指す闘争方針などを決めて閉幕した。

 しかし、国会対策委員長と政審会長は人選が難航し、25日以降に両院議員総会を開いて決めることにした。

 福島党首(消費者相)は大会後に記者会見し、両ポストの人事を先送りしたことについて「残念だが、強権的に決める政党ではない」と説明した。党大会ではこのほか、在日米軍基地問題について「社民党がイニシアチブを取り、鳩山連立政権全体、与党3党全体で、米国と粘り強く交渉する」とする運動方針を採択した。

東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響−環境省(時事通信)
自民大島氏「3人同じように判断したい」ベテラン公認問題で(産経新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
「秘書寮建て終え返済」=07年の4億円、元秘書供述−小沢氏23日聴取・東京地検(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。